ライフスタイル

YouTubeチャンネルは戦略が全て~ブログを活かす方法~

YouTube,チャンネル,戦略,全て,ブログ,活かす,方法

2020年の新しいチャレンジということで、筆者も密かにYouTubeチャンネルを開設しています。

「クジラジオ」というチャンネルで3分くらいの暇つぶしの小話をしています。

筆者のブログの息抜き、控室的な役割です。

9時に更新するクジラ(フラペ君はクジラがモチーフです)のラジオだからクジラジオという名前にしています。

久々にYouTubeの管理画面を覗いてみたら、登録者が5人と総再生回数が500回を超えていました。

更新が止まっているのにチャンネル登録と再生してくれた人がいました。

拙(つたな)い話に付き合ってもらってありがとうございます(笑)

でもちょっとおかしい!?と思ったんですよね。

素人のチャンネルですし、YouTubeの検索に引っかかる工夫も何もしてないので「誰が登録したの?」「誰が再生したの?」って感じで。

答えは分かっています。

きっと、このブログに貼っているリンクから飛んでくれた人です!

月間3,500pvのうち、いくらかの人がクリックしていただいたのだと思います。

というかそれ以外には再生される要素がありません(笑)

今回の記事では、ブロガーの筆者が感じたYouTube(ラジオ形式)挑戦の壁と、それを踏まえたうえで解決策(戦略)を考えてみたいと思います。

ブログ読者とYouTube視聴者は性質が違う

YouTubeの投稿数はたった3本なので、筆者がYouTubeのハウツーについて大きいことを語るのはまだ早い気がします(笑)

ただ、YouTubeは間違った方向性で続けても伸びにくいコンテンツということは分かっているので、早め早めに修正していこうと思った次第です。

まず、筆者が勘違いしていたのが「投稿を続ければ結果が出ると思っていたこと」です。

確かに投稿本数が増えれば検索でヒットする回数や総再生回数は多くなるはずです。

ただ、自分自身がYouTubeを見る時の手順を思い返してみたら「検索をする機会」がそれほど多くないことに気づきました。

YouTubeのホーム画面では、登録チャンネル、視聴履歴、急上昇などの動画がTL(タイムライン)に表示されるので、その候補の中から適当に動画を選ぶことが多いかと思います。

そして関連動画をクリックして、そこからまた関連動画に進んでいき、見事にgoogleの戦略に転がされます。

つまりキーワードを拾って検索ユーザーをページに呼び込むブログと同じやり方では、YouTube視聴者を取り込むことは難しいので、ブログとはまた別の戦略をたてる必要があるのです。

人気の関連動画に肖れば再生回数は増える

素人がYouTubeで再生回数を集める方法のうち、一番手っ取り早いのが関連動画に表示されるコンテンツを作ることだと最近気付きました(笑)

検索市場より関連動画市場を狙う方が圧倒的に需要が大きく、早い段階から再生回数が伸びる可能性も高いはずです。

ただ関連動画市場はレッドオーシャン(競合が多い)ということも事実。

筆者でさえ思いつくくらいなので、他のYouTuberたちも当然この方法(関連動画に肖る)を利用して動画を投稿しています。

現に、コーラメントス動画や、人気曲を歌ってみた、演奏してみたという人気のコンテンツは動画本数がかなり数が多くなってます。

筆者の場合だと、ライフスタイルとか心理学、恋愛のことを発信しているので、メンタリストDaiGoさん、マコなり社長、キンコン西野さんあたりが話題にしていることを深ぼっていけば、流入してくれる人が増えるかもしれません。

YouTube上でのオリジナリティとは何か

でも現段階で目指しているのは、再生回数じゃなくて、自分なりのオリジナリティを確率することなんですよね。

ということで、ここからがミソなのですが、オリジナリティを付加価値にしていくときに「YouTube上のラジオ形式の番組だけにできることは何か?」ということを考えてみました。

まずラジオ形式の強みを視聴者側と投稿者側、それぞれ書き出してみます。

視聴者側≫

・聞き流しができる

・無料で利用できる

・画面を見なくていい(ブルーライトカット・目が疲れない)

・データ使用料が少ない

 

投稿者側≫

・顔出しNGの人でも気軽に参入できる

・話を飛ばされにくい(飛んだ先のサムネイルも同じなので)

・サムネイル画像を募集できる

・テキストよりも感情を乗せることができる

 

筆者としては、ラジオ形式の一番の強みを「聞き流しができる」ことだと思っています。

動画でも聞き流しができるかもしれませんが、人やアニメの動き自体にもメッセージが含まれているので、音声だけになると動画が伝えようとしていたことの100%が伝わらない現象が起こる可能性もあります。

一方で、音声だけで「面白い」「勉強になる」と思ってもらうことって超難しいと思うんですよね。

言うなればラジオパーソナリティそのものなわけですから。

そして、これを可能にするのが台本力だと思っています。

話す前にラジオ放送の内容を練ってねって練りまくって、テキストだと冷たく感じるものをラジオで楽しく伝えることができれば、それが筆者のブロガーとしてのオリジナリティが出せるのかなと思いました。

ブログで培った文章力を活かして台本をきっちりと仕上げて、音声では頭にスッと入ってきやすいトークができるようになることを目指してみます。

むやみやたらな毎日更新は辞めます(笑)

ではまた明日!クジラ!

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です