恋愛

12月24日クリスマスイブ〜恋人と最もロマンチックで試される日〜

クリスマス 恋人 特別 プレゼント

12月24日は恋人のクリスマス、12月25日は家族のクリスマスと呼ばれていますが、2019年の暦では火水の日程なので、ド平日です。

みなさんは、恋人と、配偶者と素敵な時間を過ごす準備はできていますか?

 

準備もなにも、恋人候補になる異性さえいないよ!って人も大丈夫!

まだ一人参加街コンもありますし、相席屋だってあります。

過去記事:毎週街コンに参加している男女が結構いる話

カップルに向かって「爆発してしまえ(笑)」と思っているだけでは、いつまでも幸せはやってきませんので、自分から行動してみませんか。

人肌恋しい時期だけに、もしかしたら普段は振り向きもしなかったあの人が、あなたのことをちゃんと見てくれるかもしれませんよ?

 

今回の記事は「恋人のクリスマス」について記事にしてみたいと思います。

 

12月24日は恋人のクリスマス

イエスキリストの生誕、これが12月25日だったことから、(日本では)その前日にあたる24日がクリスマスイブと呼ばれています。

本場の教会暦の考え方でいけば、本来、クリスマスとクリスマスイブは同日(25日)らしいですけどね…。

ややこしくなるので、日本の慣例にしたがい、24日をイブ、25日をクリスマスとして話をすすめていきます。

 

さて繰り返しになりますが、12月24日は”本命の恋人”と過ごすのが、世の中の若者たちの常識ですよね。

 

男性は必ず、クリスマスイブに女性をデートに誘うものです。

なぜなら、OKが貰えたらその時点で両想いはほぼ確実とも言え、男性の承認欲求が満たされるから。

 

しかし、それを知っているかのごとく、女性は、特別な日を誰と過ごすか、最後の最後まで迷います。

もしかしたら、あなたからのお誘いにギリギリまで返事をしないのは、あなたと別の人で迷っているからなのかもしれません。

 

結果として、クリスマスイブの日に会えないということは、あなたは実は本命ではないのかも…。

 

カップルイベントの中でも超特別

クリスマス以外にも、恋人の誕生日、付き合った記念日、花火大会、遠出の旅行など、恋人と迎える大事なイベントは多々あります。

当然、どのイベントにもそれぞれのよさがあります。

 

が、しかし!

その中でもクリスマス(12月24日〜25日)は、さらに特別です。

 

なぜなら、クリスマスには自分たち以外の恋人たちも、街中でイチャつくからです。

 

だから何なのか…?

 

恋人たちがたくさんいる中で、自分と恋人がイベントの特別感を味わうためには、クリスマスの雰囲気に加えて、何らかの「工夫」が必要になってきます。

 

それが、クリスマスディナーであり、クリスマスのためのオシャレであり、クリスマスプレゼントであり、クリスマスに訪れるデートスポットであり、クリスマスに宿泊するホテルです。

これらは、「お金」と「手間」をかけて、あらかじめ準備しておく必要があります。

 

お金の部分に関しては、クリスマス前に冬のボーナスをもらう人が多いでしょうから、ほとんどの人が気持ちさえあれば創意工夫でクリスマスを「特別なもの」にできますよね。

 

クリスマスに試される恋人関係

恋人と付き合う前や、付き合いたての頃はデートの店を事前に調べたりする人がおおいですが、同時に、付き合いがマンネリ化してくるとデート準備を怠る人もよく見かけます。

だからこそ、クリスマスで恋人を試してみましょう!

 

先ほどお伝えしたとおり、恋人ならまず「クリスマスにデートする」「時間がなくても会う」が暗黙のルールです。

距離が遠かったり、どうしても外せない仕事や出張がない限りは会えるでしょうからね。

なので、クリスマスにデートすることを前提に話を進めていきます。

 

これから確認していくことは、ごくごく当たり前のことです。

しかし、恋人との関係を相談できる人が周りにいなかったりすると、「ヤバい恋人」と付き合っていることに、気づけていないことがあるかもしれませんので、客観的に自分を見つめてみましょう。

 

クリスマスデートが家デート「△」

家デート自体を否定しているのではありませんが、特別な日に「お金を使おうとしていないこと」が、マイナス要素です。

また、クリスマスにあえて「いつでもできる家デート」をあててくるところもマイナス要素です。

もちろん、本当にお金がない場合は、家デートもあるでしょうけど…、先ほども書いたとおり、クリスマス前には大体の人がボーナスをもらっているので、お金がないってことはほぼあり得ないことです。

クリスマスの家デートで例外的に高評価となることがあるとすれば、二人だけの空間でプロポーズしたいという場合ぐらいではないでしょうか。

 

クリスマスプレゼントが安っぽい「×」

収入によって買えるものは変わると思いますが、やはり高価に見えるものだと、「頑張ってくれたんだな」という気持ちは伝わります。

ただし、以前の記事でも書いたように、高価すぎると相手に逆に迷惑をかけてしまうこともあるので注意が必要です。

過去記事:プレゼントに関する男女心理の違い~クリスマス編~

 

そんな心配をよそに、逆に明らかに安っぽいプレゼントを選んでしまうことは避けましょう。

金額を具体的に言うのもアレですが、ある程度高品質なプレゼントを贈ろうとすると、諭吉一人、二人くらいの値段はするはずです。(学生の場合はまた、話が違いますが…)

「君のために選んだんだ」

と言って渡されたクリスマスプレゼントが安っぽかったなら、それは、

「君のために(安っぽい気持ちで)選んだんだ」

と読み替えるべきかもしれません。

 

クリスマスディナーのコースがあるレストラン「◎」

ここまでも口酸っぱく、「特別」というキーワードを使ってきましたが、もちろん食事についても、クリスマス限定メニューを注文したいところです。

また、一杯くらいシャンパンを楽しむ余裕があってもいいかもしれませんね。

 

ホテルのレストランなど、品があるお店のクリスマスディナーを予約してくれた恋人なら、それだけでもあなたのことを大切に想っていることが伝わってきますね。

 

「あのホテルのレストラン人気で、予約いっぱいでさ…」

という、セリフが聞こえてきて、クリスマスが居酒屋デートになったとしましょう。

 

繰り返しますが、クリスマスは「お金」と「手間」です。

手間をかければ、予約も早い段階から申し込めますし、第一候補がダメだった時は第二、第三の選択肢をあたればいいだけです。

行動の早さも、「想いの指標」として捉えることができるでしょう。

 

あとがき

恋人ならイブに会うでしょう。

恋人のクリスマスなら、「お金」と「手間」を惜しまないでしょう。

 

恋人と他の異性が違うのは、恋人が「特別」だからです。

1年にたった1回、相手を最も特別に感じられるイベントで、みなさんは恋人とどんな時間をすごしますか?

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です