ライフスタイル

カレンダーアプリTimeTree(タイムツリー)〜恋人と家族と友達と同僚と〜

TimeTree

最近ブログを書いたりサボったりの筆者です。

と言っても、仕事やプライベートが特別忙しいわけでもありません。

「気づいたらいつの間にか時間がなくなってしまっている」という状況です。

 

自分で時間のコントロールができなければ人生の質が低下してしまうので、早急に解決したいところです。

 

そこで、昨日から時間管理ツールを取り入れてみました。

友人が教えてくれた、世界ユーザー数1000万人を超えるアプリ「TimeTree(タイムツリー)」です。

 

まだ使い方がよく分かっていない部分もありますが、オンライン上でカレンダー(予定)を共同編集できるアプリだということが分かりました。

さらに言えば、デートの予定、シフト勤務のパートナーの予定、タスクの締切など、共有するグループ・メンバーによってカレンダー(予定)を切り替えて見ることができるアプリです。

 

 

ところで、

スケジュール帳を紙ベースで使っている人もまだまだ多いかと思いますが、予定は変わりますし、個人の時間を大切にする時代なので、予定はオンライン上で積極的に公開していく方が、「察する」意味で円滑なコミュニケーションに繋がる、と個人的に思います。

 

スケジュール共有アプリには、グーグルカレンダーやiOSカレンダーもありますが、これらは一つの予定を入力する際、「相手によって公開するかどうか」をその都度考える必要があり、“ちょっと気を遣う”共有方法という感じがします。

 

一方、TimeTreeはグループごとに1つのグループカレンダーを作成するイメージです。

グループが3つあれば、3つのグループカレンダーをそれぞれ作成することになります。

 

「え、それって逆に面倒だし2度手間じゃない?」

 

でも、使ってみたら分かりました。

友人とのカレンダー、家族とのカレンダー、仕事のカレンダーをそれぞれグループ毎に作成していって、最終的にはそれを「統合した形で一覧化」できるんです。

 

 

「予定を見せたい相手がいる“グループで”積極的に書き込む」

そして、

「自分の予定は、全てのグループカレンダーを統合して確認する」

これがTimeTreeの最大の特徴です。

 

 

従来のカレンダーアプリは、自分中心の予定を詰めていって、「どの予定を誰に公開するか?」という共有方法が主流だったかと思います。

TimeTreeは違っていて、あらかじめ書き込むグループを決めてから予定を書き込みます。

予定を見られたくない人のグループでは、書き込まなければいいだけなのです。

 

 

 

さて、話は変わりますが、

パートナーの週末の予定や仕事終わりの時間を、毎週毎週聞いていると、その度に時間も消費されていくわけです。

 

あらかじめカレンダーを共有しておけば、お互いが別のことに時間を充てることもできます。

それに、この時間から会えそう、電話できそうだから、「この時間までに勉強や家事を片付けてしまおう!」というモチベーションに繋げつこともできますし、お互いに時間的な無理をすることもなくなります。

 

 

もちろん、カレンダー(予定)の共有はお互いの信頼があってのことなので、相手に無理強いはできないです。

ただ、「相手の時間を尊重したい」、「自分の時間も有効に活用したい」そんな気持ちが伝わる相手となら、カレンダー共有をやっておいた方がいいのかな、と個人的に思うところがあります。

 

筆者的には、TimeTree(タイムツリー)は使ってみた感触がいいので、しばらく使ってみたいと思います。

※ちなみにiOSカレンダーと同期させることもできます。

みなさんも恋人と、家族と、友達と、同僚と、ぜひ試しくみてくださいね。

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です