ライフスタイル

車は持っているのが当たり前?〜所有する必要性を考えてみよう〜

車,持たない,自動運転,固定観念,

筆者は地方在住ですが、いち早くシェアリングサービスに挑戦していて、あえて車を所有していません。

社会人になって買った車はLマークの車だったくらい車好きだったんですけどね。

数年前に自分の意志で車を所有しないことを決めました。

将来を見越しての行動しておきたかったことと、自分の周りの優秀な人間は「あえて車を所有しない」選択をしている人が多かったからです。

 

さて、

「車持ってないの?」

筆者はこの質問をされることが多いんですが、個人的に「この質問をしてくる人は仕事ができない人だろうな〜」と思うので、そう考える理由について記事にしてみようと思います。

 

現状、この質問をされたら「あ〜運転下手なので、車持ってないんです〜」とかでかわしていますけど、聞かれるたびに説明が面倒です。

「車を所有している」って裏を返せば、田舎者の証でもあると思うんですけどね…。

古い固定観念を捨てきれない人

確かに、昭和・平成と車を所有することが当たり前だった時代が続いてきましたので、車を所有することが社会的なステータスだと感じる人は今でもいるでしょう。

「いい車に乗ってこそ一人前!」だと。

 

しかし、車の目的を思い出してみましょう。

それは「人・荷物の迅速な移動」と「自由な移動」です。

人類は、機関車でも、馬車でも、駕籠(江戸時代)でも達成できなかったことを自動車によって実現しました。

そこに「車を所有する」目的はなかったはずです。

 

他方、工業化・商業化の考えが爆発的に伸びた高度経済成長期以降「いつかはクラウン」のキャッチフレーズと共に(若い人は知らない人が多いかも笑)、車を持つことが一般的になっていきました。

「車はステータスである」と消費者に擦り込んでいったのです。

 

みなさんは、一体いつの時代に生きていますか?

JR・地下鉄・バス・タクシー・レンタカー・カーシェア・交通サブスクリプションサービス…。

移動する手段はいくらでもあるのに、自動車を所有することは本当に必要でしょうか?

 

以上のような意味で「車を所有することが当然」という固定観念を崩せていない人は「社会を知らないんだな〜勉強不足だな〜」と筆者は思います。

運転が時間を無駄にしていることに気づかない人

筆者が車を所有しないことにした一番の理由がこれでした。

車が手元にあるとつい車に乗ってしまうものです。

特に外に出る必要がないときにも、ドライブに出かけてしまうものです。

運転をすることでは何も生産できないのに…。

 

それに、通勤時間が車で片道1時間かかっているとしたら、行き帰りで2時間もの時間を運転という「作業」で時間を消費してしまっています。

モッタイナイ…。

一方、これがJRやバスであれば読書の時間にも充てることができすし、座って作業ができるのであれば、プログラミングの学習などにも時間を充てることができます。

 

自己投資できる時間にするか運転という「作業」の時間として過ごすのか、将来的に大きな違いになりますよ。

 

ちなみに「自動車×IoT×AI」ということで、自動運転は目覚しく進化しています。

日本はすでに一定条件下(高速道など)で運転手の監視付きの自動運転(レベル3)までクリアしていて、2020年夏頃には一定条件下での完全自動運転(レベル4)がテストされる予定となっています。

この現状を知っても「車を運転すること」が当たり前だと思いますか?

公道での完全自動運転(レベル5)の未来はすぐそこまで来ています。

「車を運転することが誇らしい・カッコいい」という価値観は10年後に「まだ車運転してるの?何でそんな時間の無駄なことをしてるの?」となっているかもしれませんよ。

「車持ってないの?」という謎のマウント行為

車に限った話ではないのですが「〇〇持ってないの?」という質問には一種の優越感が含まれている(マウントを取りにいっている)ような気がしています。

※マウントを取りにいく…相手の上に立とうとすること。

「車を持っている事実」によって、相手より優位な位置に立って話しかけているような…。

確かに高い洋服、高い車、高い家は外見的魅力度を高めることが心理学の研究によって分かっています。

ただ、相手と対等な立場になるよう配慮すれば「今後車を買う予定とかある?」といった聞き方もあります。

固定観念を押し付けてくるような言い方をしてくるような人は、おそらく仕事ができない人です。

そもそも、世の中のことを二元論(例えば、車を持っているか、持たないか)で語ろうとしているのであれば、双方の立場を理解したうえで話をすべきですが、この質問は相手への歩み寄りが感じられません。

信頼がある関係ならまだしも、信頼がない状態でマウントをとって話しかけてくる人は、自分のことしか考えていないんでしょうけどね。

それと、よくあるのが外見(年齢)で判断して初対面の相手にいきなりタメ口で話しかける人。

初対面の人に丁寧語を使えない時点で「自分は無能だから言葉を選べない」と言っているようなものです。

そういう人とのコミュニケーションは、なるはやで切って関わらないようにしたいものです。

あとがき

新しいことを知ろうとしない、知らないことを否定するだけの人は残念ながら「ちょっと残念な人」です。

なぜなら、今後成長する可能性がないから。

 

物事を俯瞰して批判的に考えることが大切な時代です。(クリティカルシンキング)

※ただし、批判的に考えてみるだけで、相手に面と向かって批判してはいけませんよ(笑)

 

車の存在意義も運転するものから、動くホテル、動くカラオケ、動く自分の部屋…に変わっていきます。

 

「ありえない?」

 

それはあなたの価値観・思い込みで、賢い人たちは将来を見据えて動いています。

事実、先ほど書いた動くホテルなどの概念は、筆者の考えではなくAI活用・マーケティングに関する本に書いてあったことです。

 

価値観は人それぞれですが「自分が知らないから否定する」ことだけはやめておいた方がいいです。

賢くないことがバレますよ?

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です