デートに使えるお店

中目黒のスタバ STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

中目黒のSTARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYOに行ってきました。

2019年2月28日の開業から約1年が経過し、同店舗を訪れるお客さんも落ち着いてきたところと予想していましたが、当日12時前には10組程度の「待ち」が出るほど。

人気は健在でした。

今回は2020年の2月に東京旅行した際に立ち寄ってみたときの雰囲気についてお伝えできればと思います。

また、スターバックスでウイスキー入りのコーヒー「ウィンターフォレストアメリカーノ」を飲んで酔っぱらったこともあり(笑)、今回の記事は友人に大方書いてもらいました。

初めての記事執筆ながら、がんばって書いてくれましたので温かい目で記事を読んでいただければ幸いです。

スタバの最高峰「リザーブ」とは何か

スタバと言えば誰もが知る全国的に人気のあるカフェ。

「地方にも多数出店しているのでせっかく東京に来てわざわざスタバ?」と思う方が多いかも知れません。

しかし、中目黒のスタバは東京観光でルートに組み込まれるくらいの「観光地」になっているのです。

なぜかと言うと、スタバの魅力を極限まで磨いた特別な店舗だからです!

ただでさえ、スタバは“手軽にオシャレな雰囲気”を味わえますよね?

その魅力に一層の磨きをかけた店舗が今回訪れたSTARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYOです。

ちなみに、スタバの高級ブランドである「RESERVE ROASTERY」の名を冠する店舗は世界に6ヵ所しかありません。

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

もちろん日本国内ではここ東京・中目黒だけ。

入店前から期待が高まりますよね。

自家焙煎所こだわりの豆と最高の雰囲気

コーヒーの愛好家から求められるのは間違いなく「豆」のクオリティ。

もちろんコーヒーの入れ方や、抽出に使うマシーンお店の雰囲気ももちろん大事ですが、スタバのブランドとしては「味」に関してもプロフェッショナルである必要があります。

スターバックスCEOは米CNNの取材に対し「リザーブロースタリーはコーヒーのロマンスを楽しむ店だ」と言っているそうです。

勝手な想像ですが、リザーブロースタリーの「ロマンス」とはコーヒー豆の凄みと客の嗜好との出会いのことで、それを「リザーブロースタリー」では叶えてくれるということではないでしょうか。

1F MAIN BAR/PLINCI

具体的なところでは、1Fから店内に入るとまず巨大な焙煎機が目に入ってきます。

産地が違う豆が右手のタンク内にストックされていて、独自の割合で配合されたコーヒー豆が目の前でブレンドされます。

1Fでは他にローストされた豆の販売や、マグカップ、タンブラーなどの販売もあるので、帰りに立ち寄ってみるといいですね。

少し奥に進むと「MAIN BAR」ということで、バリスタが最上級の方法で抽出してくれます。

さらに奥の「PLINCI」カウンターではイタリアンブレッドが並んでいます。

2F TEAVANA

2Fはコーヒーとお茶の融合ということで「TEA」の文字が壁に表現されていました。

それと「VANA」とは何のことだったのだろう…?

1F・2Fはお客さんが多くあまり長時間滞在できませんでした。

また次回訪れたときにゆっくりと楽しみたいと思います。

それと1F〜2Fに登る階段では、カップが壁一面に埋まっていて、幾何学模様みたいでした。

アートな感性を刺激されますので、ぜひ注目してみてくださいね。

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

3F ARRIVIAMO BAR

今回、筆者が独断と偏見で(オーダーを)選んだフロアは3階でした。

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

なぜなら、普通のスタバでは味わえない「コーヒー+お酒」のメニューがあるからです。

実際に注文したのはこちら「ウィンターフォレストアメリカーノ」。

グラスに入っているのはウイスキーで、コーヒーはブラックコーヒーです。

拙い説明をさせてもらうと、ウイスキーの香りはベルガモットやオレンジピールのようで、味はほんのり甘く、お酒だけでも楽しめるほどのクオリティでした。

コーヒー豆はこれまたウイスキーに合うようにセレクトされていて、ベリーや果実類を想像させるような香りでした。

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

友人が頼んだのは、ブラックコーヒー(アイス)とチョコレートケーキ。

コーヒー豆を選べたらしいんですが、まさかの筆者と同じ豆という(笑)

ブログ映え的には違う豆が…ry

あ、そうだ!

ドリンクをオーダーをすると選んだドリンク・豆に対応したデザインのカードが貰えます。

このカードを集めるためにリザーブに通ってしまいそうになるかもです。

4F AMU INSPILATION LOUNGE

1F/2F/3Fは、ほほ満席だったのでコーヒーをいただいたのはこのフロアでした。

なんと座席の目の前にはコーヒー豆がパックされるという風景が見えました。

工場見学的な感じを兼ねて、コーヒーを楽しみたい人にはオススメのフロアです。

また、団体で来たお客さんの場合、スタッフさんがコーヒー豆のパッキングまでの過程を説明してくれるサービスをあるようです。

スタバの雰囲気だけでなく「本気のコーヒー豆まで大好き!」という人は焙煎の過程からパッキングまでのぞいてみていかがでしょうか。

1Fから4Fまでで共通して言えるのは、やはりスタバと言いつつも「Tokyo」なので、日本らしさの「和」を基調としたオシャレな内装で空間で構成されていました。

ここでしか飲めないコーヒー、ここでしかできない体験ができるのも、リザーブロースタリーならではです。

あとがき

STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYOは“東京”を感じるにはぴったりのスポットです。

内装も全く手を抜いていません。

スタバ,リザーブ,中目黒,猫をかぶるブログ

観光スポットとして、心からオススメします。

東京は、特別な体験が溢れているようで「それって東京じゃなくても体験できるよね?」という施設も実は結構あります。

でもこの「リザーブ」は“日本国内では東京だけ”の体験がありました。

みなさんも次に東京に行った時はぜひ訪れてみてください。

※写真は一眼レフ中心で撮っているので後でアップするか、インスタに載せたいと思います!インスタはプロフィールカードのカメラアイコンから飛べます。フォローされたらお迎えフォロバに参りますのでよろしくお願いします。

渋谷,スクランブルスクエア,東京,観光
渋谷スクランブルスクエアと中目黒の高級スタバ~東京を勉強してくる~オリンピックイヤーの2020年、東京の街並みはどんどん変化しています。 その中でも最近変化が著しいのが渋谷区。 渋谷ストリーム、渋谷...
ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です