ライフスタイル

ダーウィンは言った「変化できる者が生き残る」

ダーウィン,変化,できる,者,生き残る

イギリスの有名の生物学者チャールズ・ダーウィン(1809~1882)が残した名言をご存知でしょうか?

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

強さでもなく、賢さでもなく、変化に富んだ物が生き残っていくことをダーウィンは説いています。

沈みがちな今の日本社会だからこそ、偉人の言葉に学ぶことがありますね。

※この名言は本やメディアで紹介されることが多いので覚えておいて損はありません。

ニュースを見ていると、この先コロナウイルスの影響で世界的な不況が到来しそうですが、そんな社会情勢の変化が多い世の中だからこそ、柔軟に変化できる人材が求められるのでしょう。

今回は、今の生活が一生続く「現状維持バイアス(先入観)」を一度捨て去って、何も持たない自分になったときのことを想定して記事を書いてみました。

「何もかもゼロの状態なら自分は何ができるかな?」ということを一緒に考えながら見ていただければ幸いです。

全てを失ったときに必要なのは何か?

AIや自動化ロボットの台頭によって人間の労働は移り変わっていく…ということをこのブログでは繰り返し書いているところですが、それ以前に世界的な恐慌(経済がネガティブな状態)によって職が奪われていく可能性も出てきました。

なので、どんな仕事をしていても一度は自分の仕事が変わることを想像しておいた方がいい気がします。

 

質問です!

 

「あなたは、もし今の仕事(職種)をしていなかったら、どんな仕事をしていましたか?」

この質問にすぐに回答できますか?

筆者はすぐにプログラマーか映像エディターと答えられます。

ここで、すぐに答えられる人はおそらく本業意外にも別の知識・スキルを日々磨いている人だと思います。

 

唐突ですが、高校3年生くらいに記憶を戻してみてください。

きっと進路選択のとき、進路指導の先生、親、周りの友達、偏差値などによって判断し、進学先を絞り込んでいったはずです。

進学後も学歴や資格を目指して勉強をがんばったはずです。

しかし、これからの時代は迷った進路選択や頑張った勉強が通用しない時代に突入します。

機械に再現できる動きは容赦なくロボット化されていきます。

どんなに難しい計算や論理的思考もAIが学習するスピートには叶わないでしょう。

大学院、大学、高専、専門学校、短大などで勉強したことの価値は相対的に低くなっていきます。

ホリエモンが言っているように「寿司屋の修行は無駄」…それどころか、寿司を人が握る概念さえなくなるかもしれません。

 

世の中の変化をただ眺めて現状維持しているだけであれば、その人にできることはどんどん少なくなっていきます。

だからこそ、いったん「ゼロ」の自分に何ができるのか考えてみる必要があると筆者は思うのです。

インプットとアウトプットをとにかく繰り返せ

「そんなこと言っても、何をやっておけばいいの?」

無責任な答えですが、

「これができたら絶対安心!」

という知識やスキルはありません。

難関資格である弁護士や公認会計士でさえも、業務の大部分をAIで代替可能という論調さえあるほどです。

たった一つ確かなことがあるとすれば、

「学び続ける人が最も強い」

ということです。

冒頭で触れた「変化できる者」とはそういうことだと筆者は考えています。

例えば、YouTubeチャンネルで魚の釣り方を研究して、魚にストレスをかけずに料理店まで運ぶ(=最高の食材)ことだって今後最高の価値になったりするでしょう。

一緒にご飯を食べてくれること、一緒にゴルフに行ってくれること、一緒にランニングすること、そんな日常でさえも価値がつけば収入にも結びつく世の中になりました。(←みなさんが知らないだけで実際に存在しています。)

なので、今自分ができないことへのチャレンジや、知らないことを深堀りして考えてみるだけでも「新しい学び」です。

立派な資格がなくても、価値が高いものは意外と転がっているのかもしれません。

「私は家と職場の往復でつまらない毎日?」

そりゃそうです。

自分が新しいことをしようとしていないからです。

きっかけは外から降ってくるものではなくて、自分で踏み出すものです。

あとがき

ダーウィン先生のありがたいお言葉から、このような変テコな記事を書いて自分の「種の起源」を知りたくなった筆者です。

ところで、変化していると言えば、筆者のブログの内容の深さも、構成も、話の軸も、取り扱うジャンルも、初期とはずいぶん変わってしまいました。

でも、常に変わり続けること、言葉を紡ぐことで進化できている気がするんですね。

今、筆者の実感としてはポケモンで言ったら、フシギダネLv.36くらいの気持ちです。(進化レベルきてるのにしないのかよっ的な…ソーラービーム充電中です)

あれ?ヒトカゲとかフシギダネとかカメールとか、もう死語ですかね?(笑)

ワニノコもチコリータもヒノアラシも好きだったなあ、その次の世代は何だっけ?

ポケモンも変化していますね。

コンテンツは生まれては上書きされていくものです。(もちろん昔のものにも価値はあります。)

 

さて、自分を変えたいと少しでも思っているみなさんがきっと、ここまで読んでくれたと思います。

だけど意識だけ高くなっても、いきなりwebページ作ろう!とか、動画編集しよう!とかはまあ挫折します。

なので最初は「やったことないことに手をつけてみるか!」くらいのマインドで大丈夫です。

手を広げていくうちにやりたいことが見えてきますよ。

筆者は1年半くらい手を動かし続けてやっと見えてきました!

とにかく動き(変化し)続けましょう!

特に若いうちにたくさん失敗しましょう!

では、手洗いうがいマスク、咳エチケットを徹底して明日も頑張りましょう!くじら!

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です