恋愛

彼氏が怒ってばかり?二人の関係を客観的に見直す3つの方法

彼氏,怒る,二人,男女,関係,客観的,見直す,方法

恋愛関係や夫婦関係において彼氏や旦那が怒ってばかり…それを我慢してはいませんか?

怒りは本来人間の感情として不要なものであるにも関わらず、古い考えの人は未だに怒ることが相手のためになると考えている節があります。

 

この記事では「怒る」ことを害悪として、彼氏との良好な関係のために行うべき3つの事柄を用意しました。

記事を読んで「怒る」こととは無縁なカップルになっていただけたら幸いです。

 

筆者は怒ることは滅多にないのですが、恋愛関係がこじれ感情的になって相手より自分を大きく見せようとして(いわゆるマウンティング)しまったことがあります。

これは相手と理解し合う体勢ではなく、自分に非がないことを証明したいだけの独りよがりの行動でしたが、当時は正しいことが正義だと思い込んでしまっていました。

ただ、今なら心理学や行動経済学などの書籍から得た知識や経験によって「怒る」ことの不毛さが分かるので、それを言語化してお伝えします。

 

内容としては、怒る彼氏への対処を「人格確認」「意思確認」「観察」の3ステップに区分し、各ステップでの考え方をお伝えすることで、カップルの良好な関係のお手伝いをできればと思っています。

 

おそらく、この記事にたどり着いた人は「怒る彼氏(旦那)」に悩んでいる人が多いと思いますが、記事を読み終わったら少しづつ行動を変えていって、二人の関係性にいい変化を起こしていただけるはずです。

 

怒鳴る・暴力は危険信号

二人の関係性を見直すとは言っていますが「別れる」ことも選択肢の一つに入れておく必要があります。

と言うのも、すでに恋愛関係になっていたとしても関わらない方がいい人間もいるからです。

次の特徴があって、それが治らない人間とは関わらない方があなたの人生が幸せになります。

  • 怒った時に「大きな声」を出す(怒鳴る)人
  • 暴力を振るう人

なぜ、この2つなのかと言うと、小さな頃から暴力を家庭内暴力(DV)を振るわれたり、怒鳴られてきた経験がある人は、自分自身も同じことを繰り返してしまう傾向にあることが研究により明らかになっているからです。

全員がそのような性格を持ち合わせているとは言い切れませんが「怒鳴る」「暴力」をする人は、それが習慣化している可能性が高いかもしれません。

そのため「怒鳴る」「暴力」の頻度が高い人とのお付き合いは少し距離を置いて、場合によっては別れることも検討した方がいいでしょう。

 

怒る彼氏は嫌だと伝える

ただ「怒る」彼氏でも、実はあなたのことが好きで嫉妬して、一時的に感情的になってしまうこともあります。

こういった彼氏には、あなたが「好き」である気持ちをしっかりと伝えた上で「怒られると辛くなるから優しくしてほしい」ことを伝えましょう。

嫉妬をしているのであれば、面と向かってその誤解を解いてあげましょう。

男性は理性的に物事を考えるので、客観的な事実を隠されてしまうと、理性的になるための論理を頭の中で組み立てることができません。

また、環境をすぐに変えることができず、嫉妬の原因を解消できないこともあるかと思いますが「あなたからの好きな想い」を汲み取って、ぐっと堪えることができる彼氏であれば、あなたに怒って自分から嫌われるようなことはしなくなるでしょう。

 

彼氏の「怒り」を観察

最後は「怒る彼氏は嫌」だと伝えた後に「待つ」ことです。

ただし、家族であっても恋人であっても自分以外は他人ですので、期待しすぎないくらいの気持ちで「怒らない彼氏」になってくれるのを待ちましょう。

結果は失敗に終わることもあるでしょう。

でも「怒らないで」と伝えて、その習慣が変わらないのであれば「怒鳴る」「暴力」とまではいかなくても、別れを決断すべきかもしれません。

おそらく、その人はあなたのことを幸せにしてくれないからです。

 

それと、「人は変わる」と「人は変わらない」はセットで語られることが多いですが、正確にはこの間にもう一つの選択肢が隠れています。

それは「人は変わろうとする」です。

例えば、怒らないようにしたいのであれば、書籍を読んで「怒り」の不毛さを知ったり、アンガーマネジメントのセミナーに行ったり、マインドフルネスを知って瞑想(※)を実践したりする「行動」ができます。

なので「変わろうとする」努力を行動に移している間は、彼氏のために待ってあげるべき期間かもしれません。

対照的に、1週間、2種間と待ってみて何も行動しない彼氏なら、そこで「自分を本当に大切にしてくれる彼氏なのか」を考えましょう。

 

※ちなみに、瞑想はGoogleなどでも取り入れられるなど、人間の精神に効果的に働きかけることが科学的に実証されているので「怒りやすい人」にも効果的です。「怒る」彼氏に本をプレゼントしてみては?

 

まとめ

この記事では、怒る彼氏への対処3ステップ「人格確認」「意思確認」「観察」を通して、カップルが良好な関係へと変化していける内容をお伝えしました。

もちろんこの内容が全てのカップルに当てはまるとは思っていませんし、怒る彼氏であっても一緒にいたいと思う人もいるかもしれません。

 

ただし、冒頭に書いたとおり人間のコミュニケーションにおいて「怒る」言動や感情は本来的に不要なはずです。

それを当たり前にやってしまっている彼氏と一緒にいる環境は、今が幸せでも将来ずっと幸せかどうかと聞かれればどうでしょう…?

人間関係で「損切り」という言葉を当てはめるのは良くないかもしれませんが、せっかく1年も付き合ったから、両親とも挨拶をしたから、同棲しているから、、、だから別れられない、、、そう思っているのなら、それらは既成事実に過ぎません。

それらは本当に彼氏を評価する指標ではないことに気付いてください。

あなたのことを1番に考える最高のパートナーなら変わろうとしてくれるはずです。

それに最高の出会いはもしかしたら次の出会いかもしれませんよ。

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です