ライフスタイル

毎月の生活レベルを少し下げることも今できる対策のひとつ

毎月,生活レベル,少し,下げる,今できる,対策,ひとつ

今回はお金の話をしたいと思います。

 

いま、コロナ禍でお金が不足しがちな人は、給付金や仕事の補償が頼みの綱かもしれません。

だけど、まずは削れるところを削っておくことが大事だと思います。

 

例えば、手取り収入が8万円で生活費が10万円かかるので、2万円足りない…

これなら生活のために補償を頼らなければならない状況でしょう。

一方、手取り収入が18万円で生活費が20万円となれば生活費を削れる部分も結構あるかもしれません。

 

ここで言いたいのは『生活苦』を自ら招いてしまっているケースがあるということ。

 

さてさて、生活レベルの話をするなら…ということで、筆者の生活レベルも晒しておきたいと思います。

もしかしたら、

「お前貧乏くせえな!」

と感じる人もいるかもしれませんが、これくらいでも生活できることの目安にしてみてください。

筆者(男性,地方,一人暮らし)の1ヶ月の生活費(固定費)は、ざっと計算してみたら約8.5万円でした。

内訳はこんな感じ。

  • 家賃35,000円
  • ガス5,000円
  • 水道3,000円
  • 電気5,000円
  • 美容室4,000円
  • 食費25,000円
  • スマホ2,000円
  • ネット3,000円
  • 雑費3,000円

立地・設備がいい物件であれば、8.5万円は家賃だけで消えることも珍しくありませんよね。

 

ところで、同じく一人暮らしのみなさん。

筆者と生活費を比べてみて如何だったでしょうか?(配偶者の収入や扶養手当まで勘案するのが面倒なので、今回は独身者の生活費という体で話を進めます。)

おそらく筆者より生活費が高い人が多かったのではないでしょうか。

そして、こんな疑問もあったかもしれません。

「車のローンとか保険代とかが入ってないんじゃない?」

「服とか買うでしょ?」

 

これに筆者なりの見解を示すと、

車は、将来的に資産価値が激減する不良債権なので、今のところ『所有』する意味がないと思っています。

服は、社会人であれば生活や仕事に必要最低限揃っているはずですので、毎月購入する必要はありません。

余談ですが、服や化粧品を頻繁に買ってしまう傾向にある人は、実は自分に自信がないことがわかっています。

また『モテ』に関する研究で言えば、初頭効果こそ『外見』が効果を発揮するものの、3ヶ月目以降は『内面』の誠実さや優しさに軍配が上がります。

さらに言うなら、他人は思っているほど自分のことを見ていません。

例えば、前回ランチした友達の前々回の服装を思い出せますか?

思い出せないでしょ?

服の価値ってそんなもんです。

以上のような変態的な考え方をしていたら、筆者は月8.5万円という生活コストに落ち着きました。

 

ここまでで、一旦区切ります。

「贅沢は悪だ〜!!!」

というような論調になってきたので、少し進むべき方向を修正します。

 

シンプルに、住む家が5.5万円から3.5万円の家賃になれば、その2万円は本を買ってもいいし、金融商品に投資してもいいと思います。

着目して欲しいポイントは『生活コスト』に関係するお金は『ただ、ただ、消えるお金』だということです。

高い家賃を支払っても、住んだ満足感を得て終わり。

これは言い換えれば、家賃は消費することにお金を払っているということ。

 

お金が無限にあれば、そもそも消費という概念を気にする必要はありません。

しかしお金は有限なので、お金を支払って得られる対価の量や質を考えた方がいいでしょう。

 

また、高額な生活コストの一つであるスマホ代に関して言えば、au、Softbank、docomoの大手通信キャリアと契約している人も、まだ結構いますよね?

違約金とか、家族割とかの事情もあるでしょうけど、計算してみれば結果として格安SIMが圧倒的に安いことに気づくはずです。

iPhoneの機能性に価値はあっても、通信キャリアに高額を支払う必要はないですからね。

#docomoじゃないと繋がらない…なんていつの話?

 

あと、電気代なんかも、電力自由化以降は電力会社を選べるようになっていますね。

『見栄』や『面倒』に真摯に向き合うと生活コストの無駄が結構出てきますよ。

 

 

話は変わりますが、コロナ禍において『素人でも分かるほぼ確実な予測』があります。

筆者の予測をここに書き残しておきます。

  • 人員整理、個人収入減から買い渋り、廉価販売。中小企業ほど不利に。
  • 次の感染症フェーズに備えた保守的経済政策。つまり日本経済のV字回復は期待できない。
  • 企業の中長期借入の大部分は人件費に投入。設備投資額の減少。成長鈍化。

要は、経済はネガティブに向かっていき、ひいては個人の財布にも悪影響が及んで、それがしばらく悪循環する可能性があるということ。

だからこそ、急に生活を変えるのは難しいので、今のうちに生活レベルを少しだけ下げておいた方がいいと筆者は思います。

 

〜超余談〜

鹿児島弁で「だからよ!」と言うと「それな!(同意)」みたいな使い方するみたいなんですけど、久々に方言萌えフレーズを聞きました(笑)

 

それでは、また次の記事で!

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です