デートに使えるお店

羅甸(らてん)~諫早のトルコライスと言えばココ~

諫早 羅甸 トルコライス

11月ラブフェス当日、イベント前の腹ごしらえということで、諫早IC近くにある羅甸(らてん)に行ってきました。

このお店の名前、初見で読めなかったのですが、みなさんは読めましたか?

諫早付近では知らない人がいないほど、長く営業されている有名な洋食店なんだそうです。

初来店なのに無駄にハードルを上げてお店に向かいます(笑)

 

駐車場に着くと、まず驚きました。

長崎ナンバーより県外ナンバーの車の方が多かったんです。

「ここは長崎だったはず?笑」

グルメ情報サイトやSNSでの口コミが高いから?

一層期待が高まります。

 

店内は洋食店のカジュアルな雰囲気ですが、気取っていなくて落ち着きます。

真っ赤な椅子に、腰掛けようとすると、椅子のクッションがかなりモッコリしていました(笑)

高さ約1213cmほどのクッションが入っていて、本当にモッコリしています(笑)

 

椅子を楽しんだところでメニューを開くと、ビフテキやパスタ、ピザなどの洋食定番メニューが並んでいました。

ファミレスに比べると価格設定はやや高めといったところ。

注目のメニューは、やはりトルコライスです。

最初はトルコライスを選んでブログに載せようと思いました。

しかし、米や麺をあまり食べたくない筆者にぴったりな、「デミグラスソース×オムライス×トルコライスの具」という選択肢があったんです。

しかもインスタ映えしそうな「絵力」が伝わってくる一皿。

諫早 羅甸 トルコライス

 

その名も、メリーゴーラウンド 1,200円(たぶん)

すいません、メニュー表の写真を取り忘れました。

 

カツ、ウインナー、エビマヨ、ブロッコリー、パプリカ、トマトにドレスドオムライス、ここにトマトソースとデミグラスソースで攻めてくるという積極的な一皿。

オーダーの段階では、1,200円が高く感じましたが、料理が運ばれてきて、味、見た目、香りを評価してみるとお値段以上の価値があったように思います。

洋食屋さんと言えば、じっくり煮込んだデミグラスソースの味が大事ですよね。

羅甸さんの場合は、濃いめ渋め深めという感じの印象で、個人的には好きな味でした。

次回訪問したときは、トルコライスを注文してみたいと思います。

 

チャイが食べていたのはオムスパ?的なやつだったんですが、卵の中にはナポリタンが入っていました!

揚げ物とかお肉は嫌かな〜という女子も安心して頼めるメニューみたいでした。

ただ、揚げたてのカツが美味しいので、せっかく羅甸に来たならトルコライス系の方がオススメです。

お店は諫早から長崎にかけての幹線道路沿いにあるので、近くを通る人も多いと思いますので、まだ行かれたことがなければ、ふらっと立ち寄られてみてはいかがでしょう?

サッカーの応援などで県外から来たけど、長崎市内のトルコライスはちょっと遠いや〜!って人にも、いいかもしれませんね!

諫早でも、長崎名物トルコライス楽しめます!

 

あ、そうそう!このお店はトイレに面白い仕掛けがあります(笑)

ネタばらしはしませんが、きっと初来店ならトイレを見に行くだけでも、楽しめると思いますよ。

気になったらぜひ足を運ばれてみてください!

 

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です