ライフスタイル

【飛行機の乗り方】空港の手荷物検査等の流れ〜長崎空港編〜

飛行機,空港,久々,長崎,羽田,乗り方

手荷物検査って、何出せばいいんだっけ?

ベルトはつけたままで大丈夫だったっけ?

 

久々に飛行機に乗る時に何かソワソワするのは筆者だけでしょうか?

 

今週末、東京新宿・渋谷方面で用事があるので仕事は休みをとり、今日は空の移動のため長崎空港に来ています。

 

あ、そうだ!

先日、川口春奈さんがYouTubeを始めていましたが、その際、五島つばき空港が写っていました。

ということは長崎空港を経由した可能性もあります!

数日早ければ、すれ違っていたかもしれないのに…残念!

 

さて、たまにしか飛行機に乗らない人は、搭乗までの流れを忘れてしまいがちではありませんか?

なので、今回は飛行機の乗り方を備忘録として記事にしておきたいと思います。

 

出発時刻の1時間30分前に空港に着いておく

さすがに1時間30分前は早すぎるやろ〜と思うかもしれませんが、筆者はいつもこれくらいには着くようにしています。

と言うのは、以前、長崎空港に車を泊めて出張に行こうとしたとき、駐車場が満車で他の車が出ていくまで待っていたら、出発時刻の40分前くらいにやっと車を駐車できて、急いで手続きをすることになったことがありました。

このときは偶然にも飛行機が遅れていたので、割と時間に余裕はあったのですが、もし飛行機に乗り遅れていたら仕事に影響していたところでした。

空港のチェックインに慣れていて、荷物預け、手荷物検査をパパッとやれば1時間前でもぜんぜん間に合いますが、やはり時間ぎりぎりは精神的に焦るので、最低でも30分くらいは余裕を持って空港に着いておくことをオススメします。

 

長崎空港の場合、サンスパ大村内にも空港への送迎付き駐車場がありますので、前日までに調べておくといいですね。

 

空港チェックインカウンター

今までの飛行機の搭乗履歴を思い返してみても、筆者はANA以外に搭乗したことがなく、他の航空会社の場合は参考にならないかもしれませんが、おそらく他の航空会社も大体手続きは一緒かと思いますので、とりあえずANAの例でご紹介したいと思います。

長崎空港では、入口に着くと各航空会社のチェックインカウンターが並んでいて、大体の航空会社の看板と一緒にスタッフさんが立たれていますので、もし不明点があればそこで尋ねることもできます。

ANAでは自動チェックインカウンターが設置されていますので、事前に予約しておいたサービスから送られてきた「確認番号」と「予約番号」を機械に打ち込みます。

その後、席指定(ネットで事前指定もできます)をして先に進みますが、席によっては非常時の対応の手伝い的な役割を任されることがあるので、それを避けたければ席指定の際に窓際の非常口マークを避けて指定しましょう。

それと、優先搭乗が終わると、後ろの方の席から案内されていきますので、もし早めに機内に入って早く落ち着きたいということであれば後ろの席を選ぶといいですね。

加えて、医療従事者は公共の乗り物に乗る時は、後ろの席を選ぶことが多いらしいのですが、それは咳やくしゃみは前の方へ拡散することが多いからなんだそう。

ちなみに、長崎空港なら右側の窓際に座っておけば、大村市内を見渡しながら離陸できますので小さいお子さんと乗る時は右側に座らせてあげると喜ぶかもしれませんね。

 

席指定がの入力が終わると、赤ちゃんなどの追加搭乗者、マイレージの登録などがありますが、特に何もなければそれでチェックイン手続きは終了です。

手続きが全て終わると、航空チケットが発券されますので、手にとって次の行程に進みましょう。

 

航空券予約で筆者がよく使うのは「スカイチケット」というWebサービスで、再安値を比較しながら航空券を探せるのでオススメですよ。

 

手荷物以外の荷物預け

航空機で移動する際には、手荷物にできるものとできない荷物があります。

そのため、まずは機内に持ち込めない荷物(キャリーバッグ)を預ける手続きします。

長崎空港でANA利用の場合は、1Fの自動チェックイン機の横にカウンターがありますので、預け荷物と航空券を提示しましょう。

スタッフさんが荷物を判別するためのシールを貼ってくれますので、航空チケットと荷物を受け取って次のレーンに進みます。

自分の順番がやってきたら、荷物をスタッフさんに預けてX線検査のコンベアに通してもらい、何も異常がなければ無事荷物預け完了です。

 

手荷物検査

久々に飛行機に乗る際、一番緊張するのがこのシーンではないでしょうか。

長崎空港の場合、エスカレーターで2Fへ上がってすぐのところに保安検査場がありますので、そこで手荷物検査を受けます。(国際線は2F奥です)

手荷物検査は最低でも出発時間の20分前までに、搭乗口へは最低でも10分前までに着いておく必要があります。

ただ、最初に書いたように、できるならもっと余裕を持っておいた方が無難ですし、他のお客さんやスタッフさんに迷惑をかけることがなくて済みます。

 

本題の手荷物検査ですが、久々だとテンパりますよね。

でも必要以上に心配することはなく、大体のものは手荷物用のバッグにまとめて入れておけばOKです。

金属類もベルトを外したりとか書いてありますけど、大きなバックルがついているようなベルトでもない限り、小さな金属なら大丈夫っぽいです。

意外と忘れがちなのが、ペットボトル(液体)、パソコン・予備バッテリー(リチウムイオン電池)、コートなどの上着です。

検査スタッフの人の手間にならないよう、最初からトレーに出しておきましょう。

それと、女性の場合は厚底のブーツを履いているとスリッパに履き替えさせられてから、ブーツは別に通されることもあるようです。

また、検査を受ける前には搭乗チケットも提示しないといけないので、あらかじめ手元に準備しておきましょう。

保安検査場で待っている時にも注意事項が目に入ってくるので、大体「ハッ」と気付かせてもらえるんですけどね。

 

用事の時間にも余裕を持たせておこう

こんなことを書くとANAさんから怒られるかもしれませんが、長崎空港発の飛行機は本当によく遅れます。

安全が最優先なので文句は言えませんが、筆者が乗る時は毎回出発時刻が遅れるので、どうにかならないものかと思います(笑)

実際に今日のフライトも14:05発の飛行機が14:30の出発で、25分の遅れでした。

 

沖縄方面のANAなんかは3時間45分の遅れらしかったので、旅行なら1つの予定が丸々潰れるレベルでした…。

飲食費の補助は出たらしいですけど、ほぼ4時間の遅れで空港で待たされるのは、さすがにきつい…。

 

ま、でも運が悪いとそういうこともあるので、飛行機の旅行はそのリスクも考慮しておかないといけないですね。

恋人との旅行の場合、その遅延したときの恋人の態度は、結構人間性が出ると思うので、恋人を試す段階にあるときはちょうどいい機会かもしれませんけどね。

 

あとがき

無事羽田に着いて、都内へ移動してスタバで友人を待っていたところ、ちょうど記事を書き上げることができました。

今週末に限っては、ブログとYouTubeの更新が途絶えてしまうと思いますが、せっかくの東京ですので、いろんな情報を吸収して長崎に帰りたいと思います。

新宿のスタバでカフェモカ頼んだら、紙ストロー初体験だったんですけど、これ唇にくっついて飲みにくかったです。

スタバ,紙ストロー,新宿

さて、そろそろ友人が来ると思うので、パソコンを閉じて気持ちを飲みモードに切り替えて東京の夜を満喫してきます。

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です