恋愛

髭男「Pretender」〜コンフィデンスマンJPロマンス編〜

Pretender Official髭男dism

最近人気が急上昇している「Official髭男dism」を取り上げたいと思います。

「名前が無理?聴く気にならない?」

筆者も最初はそうでした。

でも1曲だけでいいので聞いてみてください。

Pretender(プリテンダー)

 

英語が苦手な人はイメージが湧きづらいと思うので補足すると、

「Pretend」は、〜のフリをする、というニュアンスです。

 

何かを演じている、自分をひた隠す、まさにこの「猫をかぶる」ブログのテーマソングなわけです(笑)

 

今回の記事は、あえて見出しを使わず、フリーに綴っていくスタイルでいきたいと思います。

 

曲をまず聞いていただきましょう!

 

 

どうでした?

懐かしい気持ちになるとともに、「ロマンスの定め」の侘(わび)しさが伝わってきません?

「ラブストーリー」や「君は綺麗だ」などの歌詞があるので、恋愛に関する楽曲だと感じられたと思います。

でも、恋愛と言っても、悲しい恋愛なんです。

 

綺麗なハイトーンボイスなので、1度目に聴く時は、歌唱力にただただ圧倒され、なかなか気づかないと思うのですが、思った以上にネガティブな歌詞が出てきます。

「ずっとそばにいたって 結局ただの観客だ」

「君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った」

「愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから」

「君の運命のヒトは僕じゃない」

 

最初のサビ部分まででも、これだけのネガティブな感情が出てきますし、最後までネガティブは続きます。

なので、ありがちな恋の成就を願う歌ではありません。

 

 

では、結局何を伝えたい歌なのか。

それが、100回以上聞いても、今だにこの曲の意図は全て掴めていません。

「答えは分からない 分かりたくもないのさ」

なのかもしれません。

 

ただ、映画コンフィデンスマンJPに使用された楽曲であることからも、ダー子とジェシーの関係を連想させます。

髭男,Laughter,コンフィデンスマン,東出,長澤
髭男の「Laughter」がコンフィデンスマンJPプリンセス編主題歌に決定!飛ぶ鳥を落とす勢いの髭男。 さらに期待するしかないニュースが飛び込んできました。 なんと、2020年5月に公開されるコンフィデンスマ...

やはり、カギは「Pretend」、恋愛関係のフリをする自分自身を綴った歌なのでしょう。

 

繰り返し聞いているうちに気づいたポイントとして、1番と2番のサビの終わりは、

「君は綺麗だ」

と言っているのに、最後は

「とても綺麗だ」

になります。

 

すごく気になりません?こういう、ちょっとした変化。

「君は綺麗だ」は、何かのフリをする自分をどこか客観的に見ています。

「とても綺麗だ」は、ロマンスの定めなら悪くない、永遠(時間的な保証)も約束もないけど、だからこそ、その恋愛を主観的に受けとめているように感じます。

 

客観的にPretendな自分を歌っていたのに、最後は主観的なフレーズに切り替わる。

そんな視点の変化が、個人的に好きなポイントです。

 

素人が考えることなので、的外れな意見かもしれません。

その点は悪しからず(笑)

 

それでは、Official髭男dismの髭、じゃなくて再生回数をもっと伸ばしてやりましょう!!

 

(追記)

最後の「とても綺麗だ」は本当は好きだと表現してもいいところ、好きでも好きといえない関係に配慮して「綺麗だ」となっているんだそうです。

別れ 願い sumika 恋人
sumika「願い」が背中を押してくれる話「あなたの瞳に映って〜」という歌い出しを聴いた瞬間、sumikaさすが!と思いました。 盛り上がりを見せている「おっさんずラブ-i...
ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です