ライフスタイル

銀行員や事務職はオワコン?〜シンギュラリティから逆算しよう〜

銀行のイメージ

銀行の機能はまだこの先必要、だけど銀行員はもういらいない。

最近そんなコラムを最近よく目にします。

銀行員はかつて、支店長まで登り詰めれば…地銀でも夢がありましたが、今となっては銀行業務の収益性が低下したことで、総務費、人件費を削って削ってという、きつきつな状況が感じられます。

別の事業を展開したくても、銀行法で取り扱う業務の範囲が定められているから仕方ないのかな…。

銀行も苦しいんでしょうけど、10年先が見えないこの時代に住宅ローンなんかの審査を緩くして長期融資をしたら、将来、困る人が出てくる気がするんですけどね。

 

あと、銀行員から保険商品、投資商品を買わされる人もいますよね。

個人→銀行→証券会社→ファンドの形態をとっている商品なら、銀行に手数料を払う意味はないですからね。

直接、証券会社への投資を進めろって話なわけで。

 

地方で銀行員になるとは

知人から聞いた話だと、地銀では新卒から2〜3年の間、給与が据え置きのところもあったり、契約の元手となる母数(人口)が少ないのに、ノルマが適切でなかったりなど、特に若者の行員が苦行するケースが多いようです。

就職活動をする若者は地方銀行を志望しているなら、この業界への就職はよく考えた方がいいかもしれません。

「銀行業界でこんな仕事をしたい!」とか、その仕事を工夫・拡張できるビジョンを持っている人は、それでも銀行を選ぶのでしょうけど。

 

業務の置き換えはすでに起きている

銀行以外にも目を向けてみると、民間の庶務や役所などでは、すでにRPA(robotic process automation)が試験運用されています。

ロボットに覚えさせている条件分岐の数が今はまだ少ないので、処理範囲が狭いですが、今後はさらに処理範囲が広がっていくものと思われます。

役所に限って言えば、書類に自署してるのに印鑑が必要だったり、支払いが収入印紙だったり証紙だったり、それらが効率化されると思うと期待が膨らみます。

窓口があるから行く人がいるだけで、電子申請でよくなれば窓口の業務は大幅に減ると思うのは筆者だけでしょうか?

それに、まとまった金額を支払う時にクレジットカードを使える自治体と使えない自治体があったとしたら、使えない自治体では、区市町民が損してることになりませんか?

桜を見る会だとか、サクラを見る会だとか、よく分かりませんが、電子政府の先駆けであるエストニアを有用な例として、日本には政府の縮小化をお願いしたいところです。

 

人間にしかできない仕事だから?

機械は疲れ知らずで夜も働けますから、人間が対抗したところで勝ち目はありません。

AIに代替される仕事として、銀行員にスポットライトが当たっているのは、銀行業務がロボットやAIの処理に適した業務だったというだけです。

遅かれ早かれ、他の仕事も順次ロボットやAIに置き換わっていきます。

「私の仕事だけは人間じゃないとできないから」という人もいるかと思いますが、それはロボットに処理できる工夫をしていないだけかもしれません。

ロボットに処理できることを増やす(順応させていく)のも人間の仕事ですから、「この業務は今は人間がやっているが、いつか置き換えることができないか?」という思考に切り替えていくことが大事でしょう。

 

シンギュラリティを予測する

ここまでは悲観的な書き方になりましたが、日本社会の転換点を迎えるにあたって、「業務の置き換え」は誰もが直面することなので、その環境に対応する準備をいち早く進めた方がいいと筆者は考えています。

 

「そんなこと考えてるのは、お前だけだ」

と思われましたか?

 

日本のみならず、世界の産業構造が大きく変わることを予測しているのは、世の中の先進研究者達です。

日本人研究者の筆頭である落合陽一さんの著書では「シンギュラリティ」という用語を使って、これからのAIや科学技術との付き合い方が書かれたものもあります。

落合さんの著書を読めば、決して私が言うことも妄言ではないことが分かってもらえるかと思います。

 

あとがき

話を戻し、「銀行はオワコン」なのか。

今はまだ大丈夫だと思います。人が「機械・AI慣れ」に対応するための移行期間が見込まれるからです。

銀行に訪れる人は減ったものの、高齢者層はまだまだ現金信者ですから窓口を必要としています。

逆に窓口があるから、訪問者が減らないんだと思うところもありますが…。

 

これからは様々なことをAIやロボットに任せることができ、人々の生活は「個人の時間」をより大切にするライフスタイルに変わっていくでしょう。

そうすると、いずれかは貴重な時間を割いて、窓口にわざわざ出向きたいと考える人はいなくなるでしょう。

 

「昔はこうだった」「このやり方で何年もやってきたんだ」という過去軸の話ばかりが聞こえてくる環境にいるとそのように思いがちですが、人の「需要」は常に変化しています。

世の中の流れがあります。

だからこそ、情報のアップデートは忘れないようにしたいものです。

ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です