ライフスタイル

年収1,000万円以上を稼ぐには収入源を複数持つことが重要

年収1000万,仕事,稼ぐ,方法

これからの時代は主に「労働収入(被雇用収入)」と「製作収入」の2種類を組み合わせて収入を得ることが一般化していくと筆者は考えています。

 

今は、一つの会社からの「労働収入」のみで生計を立てている人が多いでしょう。

あるいは副業をして、複数の労働収入を持っている(いわゆる「Wワーク」など)人もいるかもしれません。

しかし、今後の日本では法令で時間制限的な労働規制が進むことも予想され、労働収入だけで収入を上げることは難しくなっていくことも予想されます。

 

一方、「製作収入」はブログメディアやYouTube動画の広告収入や、プログラム、アニメーション、写真、動画などを販売して得る売上収入などのことを指していて、今後数年間で特に伸びていく分野であると言えます。

 

もし収入を得るということが「一つの会社で働き続けて労働収入を得るのが当たり前」という古いバイアス(先入観)を持っているなら、知識をアップデートした方がいいかもしれません。

転職は当たり前になりましたし、収入源の複数化が当たり前の時代に既に突入しています。

ちなみに経団連やTOYOTAでさえも終身雇用を否定し始めています。

 

今回の記事では「労働収入」だけで1,000万円を稼ぐというナンセンスな話はしません。

普通の会社員が収入を組み合わせて年収1,000万円を目指すため、誰にでもできるコンテンツ制作をご紹介していきたいと思います。

※「年収1,000万円の収入を得るならこの仕事だよね」的な記事ではなくて、「収入増やすなら今のトレンドはこれだよね」的な記事になります。ご了承ください。

動画コンテンツ製作は「映像作品+広告媒体」になる

まず「製作収入」の話をするうえで欠かせないのが「YouTubeというビジネスモデル。

数年前までは趣味の域で動画をアップロードしている人が多かったかもしれませんが、ここ数年でチャンネルを開設した人のほとんどがビジネス(収益化)を目的としているように思います。

YouTube自体も「好きなことで食べていく」なんてキャッチコピーを謳っていますしね。

 

では、みなさん!

なぜ動画で稼げるのかその仕組みをご存知でしょうか?

 

YouTubeの収益化にはいくつかの方法がありますが、最も簡単なところで言えば動画広告による収入があります。

端的に言えば、収入の仕組みはテレビと一緒です。

サザエさんでも耳にしたことがあるはずです。

「ご覧のスポンサーの提供でお送りします」って。

 

これまで、スポンサーは売りたい商品やサービスがあれば、消費者に認知してもらうために広告費を使ってテレビCMを頻繁に行ってきました。

ただ、スポンサーとしては、広告の媒体がテレビだろうと、チラシだろうと、看板だろうと、電車内広告だろうと、「広告効果」が上がるメディアであればどのメディアで広告してもよかったわけです。

確かにテレビは優秀な広告媒体として機能してきました。

しかし、昨今その流れが変わりつつあることは、みなさんご存知のとおりです。

そう、YouTubeはテレビにとって代わる広告市場として存在感を強めています。

 

テレビでもYouTubeでも広告の仕組みは一緒です。

スポンサー企業がテレビ局に支払っていた広告費をYouTube(Google)に支払うようになるだけの話。

そして、広告掲載をYouTubeと契約したチャンネル運営者には、コンテンツを提供してくれたことに対してGoogleから広告料が支払われるというわけです。

ブログコンテンツも「広告媒体」になる

筆者が更新しているこのブログも製作収入になるビジネスモデルの一つです。

動画で広告を表示するか、ブログ上で広告を表示するかどうかの違いです。

※収益の仕組みについては概ね先ほどお話した内容と重複するので省きますね。

 

ちなみに、筆者がYouTubeではなくブログを中心に情報発信しているのは、取り扱うコンテンツ(恋愛、心理学、ライフスタイル)的に「動画よりも文字を読んだ方が早い」と思っているからです。

「動画で見れば5分だったけど文章なら2分で読めた」なら視聴者(読者)にとって有益なのは後者ですからね。

顔出ししたくないというのもありますが(笑)

 

あと、ブログ記事は書いたあとは基本的にメンテナンスフリーで情報資産として残っていきますし、検索結果に残る期間も長いです。(YouTubeは検索ではなくて、関連動画や独自のアルゴリズムで視聴されるので、長期に渡って安定した閲覧数を出すのは難しいです。)

 

とは言っても、ブログを書いてもすぐにはアクセスが増えませんし、収益が出るまで続けることができない人がほとんどらしいですが…。

※収益どころか、ブログ開設者のうち10%は100記事にすら到達できないのだとか…。

 

収益が上がらなくても、ブログを続けているだけでも価値があると個人的に思うんですけどね。

例えばこれからはIT産業が増える訳ですから、何かしらのWebコンテンツをいじれないと厳しい時代です。

仮に転職するとして、

「どんなことができますか?」

と聞かれたときにブログを持っていれば、

「簡単なHTMLならコーディング分かります。Web運用暦が○年あります。それとアドセンスに合格しているのでライティングのスキルもあります。」

というように、ブログひとつで自分自身のスキルまでも広告できますよ。

あとがき

「1,000万円を稼ぐ」というのが釣りキーワードのようになってしまってすいません。

お伝えしたかったのは「1つの会社からの労働収入だけで生きる」だったはずの常識が「複数の収入源を持つようになる」という常識にアップデートされる日が近いということです。

 

意識高い系の上から目線の記事になってしまいましたが、ビジネス書を読まない人にとっては、この記事だけでも新しく知ったことがあったかもしれません。

「この記事に書いてあることって本当かな?」と思ったら、週末にでも自分で情報収集をしてみてくださいね。

youtube,まだ間に合う,参入
YouTubeを始めるのはまだ間に合う!〜今からでも遅くない理由〜フラペちゃんねる(猫をかぶるブログのYouTube版)は前回のアップロード分から音声だけのラジオ方式でアップしています。 「は?そ...
ABOUT ME
フラペ
フラペ
長崎の20代/縛られのサラリーマン/街コン合コンの果て何があるのか模索中/人との巡り会いや恋愛関係を中心に記事を書いています/プロフィール画像はフラペ君!知り合いが描いてくれたオリジナルキャラです/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です